いよいよ本格開始!楽天モバイルは通信業界にどんな変革を起こしていくのか

2020年4月8日より、いよいよ携帯キャリアサービス「楽天モバイル」を本格開始します。

楽天モバイルが提供を開始する「Rakuten UN-LIMIT」は、月々の料金が2,980円で、楽天回線エリア内のデータ通信と、自社開発のスーパーコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話が無制限で利用できます(注1)。
さらに4月8日より、「Rakuten UN-LIMIT」を2.0にバージョンアップすることが発表されました。

※「Rakuten UN-LIMIT」について:https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

本格サービス開始にあたり、楽天株式会社の代表取締役会長兼社長であり、楽天モバイル株式会社の代表取締役会長兼CEOの三木谷 浩史からのコメントを掲載いたします。

「携帯キャリアサービスとしての『楽天モバイル』本格スタートにあたり、プランを『Rakuten UN-LIMIT』を2.0へとバージョンアップしました。パートナー回線エリアのデータ容量を2GB/月から5GB/月にアップ、さらに容量消費後の通信速度を最大128kbpsから1Mbpsに引き上げ無制限でご利用いただけるようにいたしました。完全仮想化モバイルネットワークによるモバイルサービスの実現は、世界に先駆けて日本が初めてとなります。低廉で利便性の高いサービス提供を通じて、日本の家計に占める通信費を下げ、消費循環を後押ししていくことで、日本をもっと元気にしていきたいと思っています。私たちは、『楽天エコシステム』とメンバーシップという楽天グループの総力を結集し、これまでにないようなモバイルサービスをお客様に届けてまいります。今後も、ぜひ、『楽天モバイル』にご期待ください」

楽天モバイルでは世界中の国と地域からたくさんの仲間たちが集結し、世界初の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク(注2)を構築するとともに、「シンプル・デジタル・自由」をコンセプトに、楽天モバイルショップやWeb、またデバイスなど様々な場面でのお客様の利便性の向上に取り組んでいます。安定的なネットワークサービスをお客様一人ひとりに、安心してご利用いただくために、「楽天モバイル」の挑戦は続きます。

(注1)

  • 楽天回線として提供する基地局の電波をご利用の場合に限ります。ご利用中のデータ通信がどちらエリアに属するかはmy 楽天モバイルアプリの「ホーム画面」にてご確認ください。
  • (0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話については、無料通話の対象外です。

(注2)大規模商用モバイルネットワークとして(2019年10月1日時点)/ステラアソシエ調べ

楽天モバイルでは、
一緒に働く仲間を募集しています。
技術とアイディアでより良い世界を
つくりませんか?

採用情報を見る
Discover Rakuten Mobile 記事一覧に戻る