MM総研大賞2020発表!「完全仮想化ネットワーク」がモバイルネットワーク分野の最優秀賞を受賞

楽天モバイルが提供する「完全仮想化ネットワーク」が、「MM総研大賞2020」において「モバイルネットワーク分野」の最優秀賞を受賞しました!

「MM総研大賞」は、ICT分野の市場、産業の発展を促すことを目的に2004年に創設された表彰制度で、今回で17回目となります。
今年は、村井純氏を審査委員長とする審査委員会での厳正な審査の結果、15の製品・サービスが選出されました。

楽天モバイルが受賞したのは、次世代のスマート社会を支える技術やサービスを表彰する「スマートソリューション部門」の「モバイルネットワーク分野」です。
無線アクセスネットワークからコアネットワークまでのエンドツーエンドを、世界ではじめて完全仮想化した点、またネットワークとオペレーション双方が自動化したクラウドネイティブのモバイルネットワークであり、新世代ネットワークとしての革新性が高く評価されました。

大賞を受賞したのは理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」。「富岳」は、世界のスーパーコンピュータの性能ランキングである「TOP500」で第1位を獲得しています。さらに「Graph500」など3部門においても1位を獲得。世界初の同時4冠という快挙を成し遂げました。日本発のものづくり技術が世界一を獲得し、日本を元気にした点が高く評価されました。

また、大賞のほかに「スマートソリューション部門賞(分野別最優秀賞)」「ものづくり優秀賞」「話題賞」も選出されました。
次世代のスマート社会を支える技術やサービスを表彰する「スマートソリューション部門」では、設定した9分野ごとに「最優秀賞」を選定。楽天モバイルのほか、新型コロナウイルス感染症拡大の中、新たなコミュニケーション手段として需要が急速に高まったWeb会議システム「ZOOM」や、NTTe-Sportsの「eスポーツへの取り組み」などが最優秀賞を受賞しました。
“ものづくり”の分野で代表的な商品を表彰する「ものづくり優秀賞」ではサムスン電子ジャパンの「Galaxyスマートフォン」が受賞。さらに、ICT分野にとどまらず社会的に大きな話題になった製品やサービスを表彰する「話題賞」では、日本マイクロソフトの「Microsoft 365」や、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」などが受賞しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の中でも、さまざまな技術を活用して日本を元気に、そして世界中に貢献した取り組みが注目されているようです。

授賞式には、楽天モバイル代表取締役社長の山田が出席し、表彰状の授与が行われました。当日は、マスクの着用、そして着席かつソーシャルディスタンスの確保という新型コロナウイルス感染予防対策が徹底される中、メーカー、鉄道、IT、放送局、研究機関など、日本そして世界を代表するさまざまな分野の企業の代表者が参加して意見交換するなど、素晴らしい機会になりました。

楽天モバイルは、今後も完全仮想化ネットワークの強みを活かし、さまざまな新しい取り組みを行ってまいります。 

MM総研大賞2020:
https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=452

楽天モバイルでは、
一緒に働く仲間を募集しています。
技術とアイディアでより良い世界を
つくりませんか?

採用情報を見る
Discover Rakuten Mobile 記事一覧に戻る