あなたにぴったりのスマートフォンは?楽天モバイル オリジナル製品開発秘話<Rakuten BIG・Rakuten WiFi Pocket編>

楽天モバイルでは、世界最小・最軽量(注1)の「Rakuten Mini」、フロントカメラ内蔵大型ディスプレイを搭載した5G対応の「Rakuten BIG」、世界一スリムな横幅(注2)により片手操作に最適な「Rakuten Hand」、そして初のオリジナルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket」などお客様のニーズに合わせて、様々なオリジナル製品を販売しています。

今回は楽天モバイルのオリジナル製品の企画・開発担当者の小野木雅さん(デバイス戦略部)、関萌さん(デバイス戦略部)、矢島康介さん(デバイス戦略部)、佐藤和幸さん(デバイス戦略部)、塚本直史さん(デバイスプラットフォーム部)、伊藤廣之さん( デバイスプラットフォーム部)にお話を伺いました。第二弾は「Rakuten BIG」・「Rakuten WiFi Pocket」編をお届けします。

(注1)モバイルFeliCa搭載のスマートフォンにおいて。2019年7月当社調べ。「最小」は体積による比較。
(注2)ディスプレイ5インチ以上のモバイルFeliCa  対応スマートフォンにおいて(2020年9月28日時点)/ステラアソシエ調べ。

 

お求めやすい価格帯の5G対応スマートフォンを目指した「Rakuten BIG」

「Rakuten BIG」の魅力を教えてください

小野木:「Rakuten BIG」は高速通信5Gの「Sub6」と「ミリ波」の両周波数帯に対応していることに加え、ゲームも快適に楽しめるクアルコムのチップ「Snapdragon™ 765G 5G」を搭載しています。また約6.9インチの大画面ディスプレイが特徴です。せっかくの大画面を生かすため、フロントカメラでその一部が使えなくなるのはもったいないということで、インディスプレイカメラを導入しました。

塚本:5G製品は一般的に高価格帯の製品が多くお客様が手に取りづらい状況です。お客様に気軽に使っていただきたいという想いがあり、コストパフォーマンスの高い5G製品の開発に踏み切りました。5G、特に「ミリ波」対応の製品を作るには、コストパフォーマンスだけではなく、しっかりとした技術を持つパートナーの選定が必要でした。日本のみならず海外市場においても、5Gの技術開発に先行して取り組んでいる、信頼できるパートナー探しにかなり注力しました。

 

「Sub6」と「ミリ波」の両周波数帯に対応するために工夫したことは?

塚本:「ミリ波」は電波の直進性が非常に強く、大気や壁により減衰しやすい性質を持っています。例えば背面の材質については、もともと高級感を出すためにガラスにすることを想定していましたが、ミリ波のパフォーマンスに影響を与えてはいけないので樹脂にしようという意見もありました。試作機での検証も重ね、最終的にはパフォーマンスとデザインを両立させ、背面をガラス、側面を樹脂にしています。

またLTEをお使いのお客様にも快適な通信環境を提供するため、「Rakuten Hand」同様に4x4 MIMO(※)の機能を実装しました。これはBand3のみの対応となりますが、4つのアンテナを使うことにより最大400Mbpsの高速通信を実現します。また、海外でも快適にご利用いただけるように、ローミング周波数のサポートにも注力しました。ミリ波、Sub6、4x4MIMO、ローミングバンドと、たくさんのアンテナを搭載する必要がありましたが、大きなサイズを生かして実現することができました。

(※)4x4 MIMO:無線通信において送信機と受信機に4本ずつのアンテナで同時に通信する方式

 

 

eSIM対応製品だからできること

小野木:楽天モバイルのオリジナルスマートフォンはすべて「eSIM」対応製品です。お客様がより自由に通信サービスを選択できる環境を目指しています。10月からはSIM交換手数料を無料化したことで、「eSIM」対応製品を気軽にお試しいただけるようになりました。

関:ぜひ試してみていただきたいのですが、驚くほど簡単に乗り換えができますよ。

iPhoneからRakuten BIGへeSIMを移行してみました!とってもスピーディーに切り替えができます。

佐藤:「デュアルSIM」対応のスマートフォンでは、1台のスマートフォンで、2種類のSIMを利用することができます。例えばそのうち1つを楽天モバイルのeSIMにする場合、オンライン上でお申し込みもすべて完結するので、すぐに利用開始できますよ。

 

「Rakuten UN-LIMIT V」は試したいけれど、スマートフォンは変えたくない、そんな人には・・・

関:楽天モバイルに興味があるけれど、不安がある、まずは試してみたいというお客様にオススメなのが「Rakuten WiFi Pocket」です。私たちは新規参入の携帯キャリアなので、まずは実際に楽天モバイルを使っていただく、ネットワークを体験していただく機会を作ることが大切だと思いました。「Rakuten WiFi Pocket」をご利用いただければ、お客様が利用しているスマートフォンの契約はそのままで、テザリングでWi-Fiルーターを通して「Rakuten UN-LIMIT V」をご利用いただけます。

伊藤:「Rakuten WiFi Pocket」はモバイルWi-Fiとして、普段持ち歩いていただけるよう、持ちやすいデザイン、軽さ、そしてディスプレイの見やすさなどもこだわりました。

 

佐藤:ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンで読み取れば、自動的にWi-Fi接続が可能です。簡単に接続できます。

関:ちなみにモバイルWi-Fiで重要なのは、やはりバッテリーですよね。この製品は連続使用時間が約10時間です。スマートフォンでのテザリングを活用する人も増えていますが、スマートフォン自体がバッテリーを消耗してしまうため、「Rakuten WiFi Pocket」をぜひ活用してください。

佐藤:あとは、何といってもお買いものパンダのデザインにこだわりました。このかわいさは、つい惹かれてしまいますよね。幅広い層の方に「Rakuten WiFi Pocket」をご利用いただけるのではないかと思っています。

楽天モバイルのオリジナル製品の企画・開発担当者として今回の取材にご協力いただいた皆さん。

 

皆さんにぴったりなデバイスは見つかりましたか?楽天モバイルでは、これからもお客様の生活スタイルや、ニーズに合わせたオリジナル製品を提供していきます。

楽天モバイルでは、
一緒に働く仲間を募集しています。
技術とアイディアでより良い世界を
つくりませんか?

採用情報を見る
楽天モバイル公式ブログ 記事一覧に戻る