改善を続ける楽天モバイルの「Open RAN」ネットワーク(ドイツ・アムラウト調べ)

 

楽天モバイルは、2020年4月の本格サービス開始以降、オープンな規格に準拠した無線アクセスネットワーク(Open RAN)の商用化を世界的にリードしてきました。楽天モバイルがOpen RANに基づいて構築した世界初(注1)の「完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク」は、次世代ネットワークとして、ベンダーの独自技術に縛られず、迅速かつ柔軟でコスト効率のよいネットワークです。

今回は、ドイツ・アムラウト(注2)が独自に行った調査の結果をご紹介します。

総合評価

通信速度、カバレッジ、レイテンシー(遅延)を含めた総合的なパフォーマンス評価について、東京における楽天モバイルのネットワークは1,000点中945点の「Very Good(非常に良い)」と高い評価を受けました。今回の調査対象となった都市の中でも上位を占める結果となりました。

 

アムラウトが行った世界主要都市におけるモバイルネットワークの調査によると、楽天モバイルのネットワークは、世界で最もパフォーマンスの高いモバイルネットワークの1つとして評価されています。世界14都市のモバイルネットワークを比較すると、東京における楽天モバイルのネットワークは、多くの都市のモバイルネットワークを上回る評価となりました。

 

 

カバレッジと通信速度

 

 

カバレッジと通信速度について、調査が行われた14都市のうち、東京の楽天モバイルのネットワークは、2番目に高い評価を受け、従来のネットワークと比較してもOpen RANのネットワークが有効であることが示されました。

レイテンシー(遅延)

 

レイテンシー(遅延)について、楽天モバイルは200点中174点を獲得しています。今回の調査対象となったモバイルネットワークの中では下位グループの評価となりました。他のパフォーマンス指標よりも改善する必要のある評価結果となりましたが、楽天モバイルは、今後のソフトウェアアップデートにより改善を進めてまいります。

楽天モバイル株式会社の代表取締役CEOであるタレック・アミンは、次のようにコメントしています。

「世界中の通信事業者の中で、トップの評価を受ける素晴らしいネットワークパフォーマンスを実現したチームを大変誇りに思っています。私たちの強みは、革新的なコスト構造の採用だけでなく、ネットワークのアップグレード、自社回線エリアの拡大、新しいサービスを迅速に展開することにより、ネットワークのパフォーマンスとサービスを継続的に改善している点です。引き続き、通信業界における変革をリードしていきます」

楽天モバイルは今後もネットワークの改善を続けます

2021年の夏に行われたアムラウトの前回調査(注3)と比較すると、最新のレポートにおいて、楽天モバイルのネットワークは総合評価が1,000点のうち920点から945点になり、継続的な改善が調査結果に反映されています。楽天モバイルは、「通信業界を従来のハードウェアベースのアプローチから、よりオープンかつソフトウェア中心の未来へと変革すること」を掲げており、楽天モバイルのネットワークパフォーマンスの向上は、次世代ネットワークの実現を意味します。

楽天モバイルは引き続き、お客様へ快適なサービスを提供できるよう、第三者分析機関の調査結果を参考にしながら、ネットワークの継続的な改善に努めてまいります。

(注1)大規模商用モバイルネットワークとして(2019年10月1日時点)/ステラアソシエ調べ
(注2)ドイツ・アムラウトは、アクセンチュア傘下の独立系アナリスト企業です。今回の調査レポートは以下ウェブページをご覧ください。https://www.umlaut.com/en/benchmarking/japan(英語のみ)
(注3)アムラウトの前回のレポートは以下ウェブページをご覧ください。
https://corp.mobile.rakuten.co.jp/blog/2021/0614_01/

 

 

低価格・高品質なサービスを実現した秘密は、
完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク。

技術情報を見る
楽天モバイル公式ブログ 記事一覧に戻る