楽天モバイルとNEC、オープンRAN対応の5G無線機の量産を開始

- 世界初となる安全性の高いクラウドネイティブ5Gネットワークの無線機を日本国内で製造 -

 楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイル」)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下「NEC」)は、両社が連携して開発を進めた第5世代移動通信システム(以下「5G」)用の基地局装置の無線子局(Radio Unit、以下「RU」)の量産を、NECプラットフォームズ福島事業所にて開始し、第1号機の出荷を完了しました。

楽天モバイル・NECの関係者と5G用RU(注1)

楽天モバイル向けNEC製5G用RU

 今回、NECが量産を開始した5G用RUは、NECの技術と実績による高い品質と、3.7GHz帯周波数の超多素子アンテナ(Massive MIMOアンテナ)を搭載しながら小型・軽量・低消費電力を実現しています。楽天モバイルは、5G用RUを用いて、東京エリア(注2)から基地局を設置することでネットワーク構築を進め、2020年6月より5Gネットワークの商用サービスの提供を開始する予定です。

 今回の5G用RUの量産について、楽天モバイル代表取締役副社長兼CTO(最高技術責任者)のタレック・アミンは次のように述べています。「NECの技術により日本国内で開発・製造された高品質な5G 用RUは、楽天モバイルの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構成する一部として、非常に重要な役割を担います。今回の5G用RUの量産開始に伴い、今後、楽天モバイルは5G基地局の設置に取り組み、コスト効率や安全性が高く、高品質な5Gサービスをお客様へ提供できるよう尽力していきます」

 また、NEC執行役員常務の河村 厚男は次のように述べています。「楽天モバイルの先進的な5Gモバイルネットワークの構築に貢献することができ、大変光栄に思います。NECの福島工場で生産した5G用RUは、オープンアーキテクチャに準拠し、小型・低消費電力という特長を有しています。NECは今後もオープンな5Gエコシステムの拡大を通じて、世界の新たなモバイルサービスの創出に貢献していきます」

 楽天モバイルは、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク(注3)を構築しており、2019年10月より世界に先駆けて日本でオープンかつ仮想化、分散化された無線アクセスネットワーク(OpenRAN)を実用化しました。また、両社は、4Gネットワークの運営におけるビジネス支援システム(BSS: Business Support System)および運用支援システム(OSS: Operations Support System)のソリューションについて、これまでも緊密に協業しています。

 楽天モバイルは今後も、5Gネットワークを2020年代の社会インフラと位置づけ、既存サービスの利便性向上のみならず、様々な分野における利活用や新ビジネスの創出につなげ、社会問題の解決や地方創生等に貢献してまいります。

 NECは、社会ソリューション事業に注力しており、NECの強みである最先端技術やネットワーク構築の実績・知見を活用し、今後も様々な事業者の5Gネットワーク構築に貢献することで、グローバルな事業展開を加速していきます。

  • (注1)左から:タレック・アミン(楽天モバイル 代表取締役副社長兼CTO)、平井 康文(楽天モバイル 取締役副会長)、山田 善久(楽天モバイル 代表取締役社長)、森田 隆之(NEC 代表取締役 執行役員副社長 兼 CFO)、河村 厚男(NEC 執行役員常務)
  • (注2)楽天モバイルは、総務省より東京都世田谷区および江東区における5G無線局(基地局)の免許を2020年3月6日付で付与されています。
  • (注3)大規模商用モバイルネットワークとして(2019年10月1日時点)/ステラアソシエ調べ

以上

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース一覧に戻る